凹みに強い高硬度!
軟らかく傷つきやすい木材を守る溶剤型木部内装用塗料

「ハードラップシステム」
button_catalogue
■ 特 徴
☆ 軟らかい木材を傷から守る「抜群の硬塗膜」!

軟質材に対して「擦りキズ」や「押しキズ(へこみ跡)」が、つきにくくなります。

☆ 木質が活きる「クリヤータイプ」!

同じ特徴を持つ商品には、仕上がりが濁ってしまい木質感を損なうものが多いですが、ハードラップシステムは透明感の高い塗膜をつくり、木材自体の持つ風合いを損なわず活かすことが出来ます。

☆ 室内使用に対応「万全なシックハウス対策」!
「シックハウス症候群」や「PRTR法」に関与している「トルエン・キシレン」を含有していません。

■ 用  途
● 木材内装・木製家具全般(テーブル・床板等)
■ 品  種
 CPハードラップ シーラー (下塗り・ 中塗り用)
 CPスクラッチガード フラット (上塗り用)
※ CPスクラッチガードフラットの光沢は、100%・120%・150%艶消しの3種類です。
■ 標準塗装仕様
工程 塗料名 塗布量 乾燥時間/20℃
下地処理 素地研磨 #180~#240
下地着色
(必要に応じて)
ピュアPGステイン
ステイン:ピュアシンナー=1:1~10
刷毛塗り後拭き取り
又はスプレー
60~80g/㎡
2時間
下塗り CPハードラップ シーラー
A液:B液:シンナー=1:1:1
刷毛塗り又はスプレー
120~150g/㎡
3時間以上
研磨 #320~#400
中塗り CPハードラップ シーラー
A液:B液:シンナー=1:1:1
刷毛塗り又はスプレー
120~150g/㎡
3時間以上
研磨 #320~#400
上塗り CPスクラッチガード フラット
A液:B液:シンナー=2:1:1.5
刷毛塗り又はスプレー
40~50g/㎡
1晩
※CPハードラップシーラーの特徴で、研磨により研磨紙は通常より消耗します。
本来の塗膜性能を発揮するには、3日以上の養生期間が必要です。

 

■ 塗装比較写真(クリックで拡大)
ハードラップシステム

(左側の杉板)
ハードラップシステム塗装

(右側の杉板)
一般ウレタン塗料塗装

コインや爪で激しく引っ掻いても、ハードラップシステム塗装板には凹みが生じない。